当サイト内に掲載されているすべての文章及び写真の無断転載、転用を禁止します。日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2003-2009 . All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.アンチエイジング、美肌、美顔、美容、整形 コスメ ブランド、化粧品、オーガニック


--------(--)

スポンサーサイト

人気blogランキングへ←いつも応援ありがとう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックすると、ブログランキングへ票が入る仕組みになっています。「アンチエイジング」に登録しています。
↓↓
人気blogランキングへ←いつも応援ありがとう。



2008-01-19(Sat)

【オメガ3系】についての考察

人気blogランキングへ←いつも応援ありがとう。

ブログランキング←今日も応援クリックありがとう!

オメガ3系のオイルがカラダにいいと知ったのは、もう7年くらい前のことです。当時は、健康にいいといわれる加工した油が出回り始めた頃で、油がカラダに悪いとか、オメガ3系の油がいいとか、そういうことがまだあまり知られていませんでした。

日本人は太古の昔から、オメガ3系の油とオメガ6系の油を1:1くらいの割合で摂取して、生きてきました。それが今は、1:∞って言う感じで、オメガ6系の割合は非常に多くなっていて、1:20とも1:30とも言われています。

その理由はオメガ6系の油が巷に溢れていることと、肉食にあります。

リノール酸(オメガ6系)はヒマワリ油、サフラワー油、コーン油など、スーパーに並んでいる油に大量に入っています。あえて、摂取しないほうがいいのです。

そして、アラキドン酸(オメガ6系)は肉、動物性脂肪に存在します。



オメガ3系の脂肪酸って言うのはわたしが知ってる限り、

・アルファ-リノレン酸(緑黄色野菜、亜麻仁油、キャノーラ油)

・エイコサペンタエン酸(EPA)(魚油)

・ドコサヘキサエン酸(DHA)(魚油)

これくらいです。



亜麻仁油(フラックスオイル)等に含まれるアルファーリノレン酸は体内で代謝されると、EPAに変わるのです。(でも代謝の割合は非常に低く、数パーセントと言われています。この代謝を阻害するのがオメガ6系です。)

とにかく、オメガ6系の油は、日常生活で意識しなくても、食べてしまうので、ここはひとつ、意識して、食べないようにしたいものです。



オメガ3系の油(正確には脂肪酸というらしいですけど)は、関節、軟骨、美肌、血液サラサラ、心臓機能、中性脂肪値、血管保護、頭が良くなる、うつ、アレルギー、炎症を抑えるといわれています。

特に、アレルギー、炎症のことを考えると、細胞の正常な再生を促すのだと理解できます。当然、美肌にもいいわけです。

これはわたしの勝手な持論ですが、美肌にいいものは、内臓にもいいんじゃないかと思うんです。肌が荒れているときは内臓とかの壁面や粘膜とかも荒れているんじゃないでしょうか?

オメガ3系やオメガ6系の油は、人間の体内では生産できないので、必ず食べ物から摂取しなくてはいけないんです。こういう油を必須脂肪酸といいます。

このオメガ3系と6系は人の体内で正反対の働きをします。

オメガ6系の脂肪酸は血液を固め、オメガ3系の脂肪酸は血液を柔らかくし、細胞組織を正常に保つと言われています。

厚生労働省では4(リノール酸)対1(α-リノレン酸)の割合で摂ることを推奨していますが、先にも書いたとおり、オメガ6系は摂取しやすく、オメガ3系は摂取しにくいのです。あえて、オメガ3系のオイルを摂取して、意識して、オメガ6系を摂取しないようにしなければ、4:1は実現できないのではないでしょうか。。。

特に、オメガ3系はのアルツハイマー治療に可能性があるといわれているんです。

The Journal of Neuroscience「脳神経科学ジャーナル」2005年7月号に「オメガ3はアルツハイマーに関係するタンパク質の蓄積を防ぐ働きがある」という研究報告が発表されました。この研究では特にDHAに焦点を当てました。

・魚を食べると、病気リスクが減るとか、頭がよくなるとか言われています。

カンタンにオメガ3系の脂肪酸を摂取出来るのは魚です。

おいしいし、お寿司やお刺身が大好きなので、超ラッキーという感じですが、実際は、魚の汚染が気になるので、なかなか、毎日魚料理を出す気にはなれません。

魚の汚染は深刻なのです。

米国の食品医薬品局(FDA)と環境保護庁(EPA)は共同勧告書を発表しています。

水銀です。

水銀の恐ろしさは、日本人が一番よくわかっていますよね。なのに、日本の政府はなんと無頓着なことか。。。妊婦や妊娠可能性のある女性、授乳中のお母さん、子どもの水銀摂取を防ぐことを目的に米国の食品医薬品局(FDA)と環境保護庁(EPA)は共同勧告を発表しました。

サメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないことなど、数項目。

一般的に食用となっている魚貝類で水銀含有量が少ないもとのして、エビ、缶入りライトツナ(あくまでもライトです!!)、サケ、スケソウダラ、アメリカナマズを挙げています。

アルバコア・ツナ(まぐろの一種)は缶入りライトツナよりも水銀含有量が多いため、1週間に6オンスまでの摂取に留めた方がいいとしています。

そして、あまり言われませんが、PCBの汚染も深刻なのです。

有機水銀、PCB、川に流れ込んだ農薬、ダイオキシンなどで魚は汚染されています。

最近、スーパーで見かける養殖の魚も多くなりましたね。実は養殖の魚には大量の薬(抗菌のための薬)が使われていて、さらに、船底、魚網等に使われる有機スズも残留しています。

養殖の魚は奇形が多く、一時、問題になっていましたが、最近はあまり、いわれません。日本の養殖も怖いですが、輸入の養殖は、更に怖いです。

切り身になってしまえば、奇形とかわかりませんよね。

特に、アメリカ・カナダなどの養殖鮭のエサは、狂牛病の肉骨粉だそうで、コレを知ってから、輸入の養殖鮭を食べることをやめました。

魚の選び方としては、回遊魚のサメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないこと、

くらいしか、出来ませんね。

農薬・添加物は「ここで毒消し!」 という本があります。10年くらい前に買った本ですが、楽天で検索したら、今でも売っていました。

この本には、消費者のささやかな抵抗として、調理の段階で、少しでも汚染物質を除去するやり方が書かれています。

お魚が汚染されているとはいっても、それを上回る効能があると思うので、こうして、材料を選び、調理の方法を工夫することで、せめてもの、抵抗をしています。

そして、オーガニック、フラックスオイルでオメガ3系のオイルを意識して摂取しています。加熱できませんので、食卓で、食べる直前に、サラダや煮物やお味噌汁にたらしています。





ブログランキング←今日も応援クリックありがとう!

【管理人筆】

農薬・添加物は「ここで毒消し!」 が、まだ、売ってあることに驚きました!今でも通用するって言うことですね。それにしても楽天ってなんでもあるなあ。

ブログランキングに参加中です。

人気ブログランキング今日も応援クリックありがとう!



----------

個人の小さなブログですが、大切な時間を割いて来訪していただいてうれしいです。ブログを書いていなければ出会えなかったステキな方々と交流できることに感謝しています。暖かいコメントをいつもありがとうございます。

頂いたコメントはわたしの宝物です。

今を大切に、みなさんにいろんなことを教えていただきながら、食や健康の真実を、時には、マスコミに出ない時事の真実を共有できればいいなと思っています。

---------- ----------

スポンサーサイト


クリックすると、ブログランキングへ票が入る仕組みになっています。「アンチエイジング」に登録しています。
↓↓
人気blogランキングへ←いつも応援ありがとう。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ぷち

Author:ぷち
大切な家族と友人に向けて書いている超・自己満ブログ。曇りのない目で現実を見つめたい。

ウソを書かないっていうことだけが信条のお気楽ブログです。どうぞ宜しくお願いします。

トラックバックについては意味不明なものが多いので、閉鎖しています。

コメントは大歓迎ですが、意見の違う方と議論する気はありません。わたしは専門家ではなく主婦ですので、反対の意見を否定するものではありません。同じ理由で質問等もご遠慮ください。アドレス等所在のはっきりしないコメントはスルーさせていただきます。

Yahooカテゴリー「美容ブログ」登録サイトです。

niftyカテゴリー「ブログ→美容」登録サイトです。

gooカテゴリー「アンチエイジング」登録サイトです。

ウーマン・エキサイトの美容ブログカテゴリー登録サイトです。

OCNの「美容ブログ」登録サイトです。

biglobeの「アンチエイジング」登録サイトです。

hi-hoの「アンチエイジング」登録サイトです。

↓ほぼ毎日お買い物中♪↓



エッセンシャルオイルが格安中
DHCオンラインショップ

カテゴリー
最近の記事
本当の天然シャンプー

【シャンプーについて】
頭皮のバリア機能を破壊して、ケミカルでキケンな成分を皮膚から吸収させてしまう合成界面活性剤シャンプーをやめました。石鹸シャンプーに挑戦し、やっと、定着しました。何度も挫折して、何年もかかりました。
【シャンプー】
最初に使ったのは、このローザモスクエータでした。このシャンプーのおかげで石鹸シャンプーがわたしの中で定着しました。潤いもありますし、キシキシ感も少ないです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ローザモスクエータハーブシャンプー
【オーブリーのローザモスクエータハーブシャンプー】
ココナッツオイルを使用した石けんシャンプーが乾燥してパサつく髪をやさしく洗います。ローズヒップオイルの配合により、髪と頭皮にうるおいを与えて、パサつきをおさえます。


【トリートメント】
商品説明には、スペシャルケアと書いてありましたが、最初、わたしは、これを毎日使っていました。かなり潤います。
【061109宣言5】<AUBREY>オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー
【オーブリー ホホバ&アロエヘアコンディショナー】シンプルで贅沢な処方のスペシャルトリートメント「ホホバ&アロエヘアコンディショナ-」アロエとホホバをたっぷり使って作られた贅沢処方「ホホバ&アロエヘアコンディショナー」。


今使っているのは。。。
【ブルーカモマイルシャンプー】

髪の状態が良くなったので、こういう普通のシャンプーが使えるようになりました。
【GPBヘアコンディショナー】

今では、GPBで充分潤うようになりました。この商品は安全というだけじゃなくて@コスメでも好評価を受けている商品です。

ずっと使っているもの

【マジックソープ ラベンダー】

食器を洗ってもいいという全身用ソープです。もちろんシャンプーにもなります。成分は単純なオリーブ石鹸と違い、オリーブ油、ヤシ油でつくったベースに、今、注目の美肌成分ヘンプ油と保湿成分ホホバ油を絶妙にブレンドしています。この配合率が重要でこの石鹸を作れるのは世界でDr.プロナー社だけです。
さらに合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料など合成添加物を一切使用せず、原料となるすべてのオイルが100%天然のオーガニック(有機栽培)物という徹底ぶりで、とにかく肌にマイルドです。 ←重要!
毛穴の黒ズミまで溶かすのにつっぱらず、さっぱりしっとりモデルのようなすべすべ肌に洗い上げます。
本格的な精油も配合しているので、疲れた心も癒してくれます。わたしはお風呂はラベンダーで洗面所のハンドソープはティートゥリーです。泡の出るタイプの容器に入れて5倍くらいに薄めて使っています。
【オメガ3系のオイル】

ずっと、シソ油を食してきましたが、オーガニックであることと、ビンが遮光であることを考えて、コチラに変えました。酸化しやすいので、開詮後1ヶ月以内に使い切ります。シソ油は透明ですがコチラはほんのり黄色です。加熱できないので食卓でサラダやスープにかけて食します。化学溶剤を使わずに40℃以下の低温圧搾法一番搾り。無添加無精製。
【楽天プラチナ会員のわたしの買物履歴】

楽天で探す
楽天市場
..

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
いつもアクセスありがとう!

サイト内が検索できます
家族がみつかりますように
使用中のコスメ

【SPF50の日焼け止め】
日差しの強い日の外出に使ってるのは、=>MMCの日焼け止めです。全成分:マイカ 酸化チタン 酸化亜鉛です。SPF50なのに肌に優しいがうれしいです。使用感は上質なルースパウダーですね。しかも、外出先で何度でも、つけなおせるから、すごく安心です。

※ずっと、保湿タイプやセンシティブタイプを使ってきましたが、お肌の調子がいいので、ずっと使いたかったグリーンティシリーズに変えました。他にもいろんなコスメを試していますが、定番になっているのは、これくらいです。

【クレンジング】

AUBREYグリーンティ クレンジング 乳液状の洗顔料です。ココナッツなどから作られた天然の洗浄成分が、メイクや毛穴に詰まった汚れを優しく溶かし出し、お肌を守りながら洗います。イチョウエキスが生き生きと明るい肌の色に仕上げ、アロエとホホバで保湿します。クレンジングに手のひらの上ではちみつを混ぜて使っています。マイルドになるし、抗菌作用や多数の栄養分が期待できるからです。

【化粧水】
化粧水はたっぷり使います。夜は、調子いいときは、化粧水まででお手入れ終わりにします。理由は、自分の肌を大切にしたいからです。
 AUBREYグリーンティ(化粧水)
お肌のくすみに最適の化粧水です。アロエ、ラベンダーに加え、ハマメリスエキス、イチョウエキス、セイヨウハッカがお肌をリフレッシュし、透明感を保ちます。

【乳液】
この乳液はもったりしていて、クリームみたいに重いです。肌に乗せると1分くらいは白くなりますが、その後、スーッと肌になじみます。もちろん天然成分100%。カテキンの効果を生かしたSPF10なので、日焼け止め効果もあります。それなのに、普通の洗顔であっさり落とせます。

AUBREYグリーンティモイストライザー(乳液)

【日焼け止め】
普段使いの日焼け止めです。家事をするときにも使います。肌に穏やかです。 太陽油脂 パックスナチュロン UVクリーム 45g (0212-0403)
【パックスナチュロンUVクリーム 】石けんで乳化したシンプルな日焼け止めクリームです。 使うには、ちょっと工夫が必要です。化粧水or乳液と日焼け止めを手のひらで暖めながら混ぜ合わせて、顔に乗せます。リキッドファンデーションの場合もこのやり方で、手のひらで混ぜ合わせてから使うと、かなりいい感じに。

パックスナチュロンとは?国内メーカーでこちらも完全に無添加。無添加を売りにしているメーカーは多いですが、本当の無添加はココですね。香料は天然のアロマで、香りのセンスもいいです。
パックスナチュロンはココがお安いです。

【美容液】
スペシャルケアです。
【061109宣言5】AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)
【AUBREY<オーブリー>ベガセル ナイトハイドレーター(保湿ナイトジェル)】多種類のハーブを保湿ジェルに凝縮。お肌本来の柔らかさとハリを取り戻し、目元の乾燥にも最適の保湿ジェルです。フリーラジカルの生成を抑えながら、お肌の失われた水分を補給します。

オーブリーとは?アメリカのオーガニックメーカー。使用感は高級海外のブランド化粧品に似ています。価格は信じられないほどお安いです。パッケージにお金をかけていないところが好き。環境にもやさしいです。

【手作りコスメ原料】
化粧品工房BS-C シルクパウダーをクレンジングに混ぜたり、乾燥するときに保湿原液を、手のひらの上で乳液に混ぜたり、と、自分コスメを手のひらの上で作るのが好きです。自己満足の域ですので、レシピは出しませんが、いろんなものが、ココで買えばお安いです。化粧品原料が手に入るので楽しいです。

※ここでご紹介したコスメには、合成の界面活性剤が含まれていません。疑問に思うようなケミカルな成分も一切入っていません。わたしが実際に長く使っているものだけです。

よく見て頂いているログ
ブログパーツ
リンクありがとうございます
QRコード
QR
最近のコメント
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。